千葉県 船橋市 会社設立|金子行政書士事務所

行政書士・海事代理士 金子事務所

 

 

当事務所は適格請求書発行事業者です。(インボイス登録済みです。)

会社の設立について

商売をしようと思った時、大まかに二通り方法があります。

 

 

1、会社(法人)を設立する。
2、個人事業主として商売する。

 

 

どちらもメリットデメリットがあります。

 

1、会社(法人)を設立する場合メリット

 

 

・社会的な信用度が高くなります。
 中には法人でなければ取引をしないという、会社もあります。

 

 

・資金調達がしやすい。
 法人は決算時に財務諸表を作成しなければなりませんので、
銀行が融資の可否を判断し易くなります。

 

 

・税金(節税)面で優遇される
 個人事業主に課税される「所得税」と法人に課税される「法人税」を比較すると
 「法人税」は累進性が低く、利益を出せば出すほど、個人事業主より
 メリットを享受出来る傾向があります。

 

 

逆に個人事業主に課税される「所得税」は利益が増えれば税率も上がるので(税率の上限は有ります)、
利益が増えれば増えただけ、収める税金も高くなります。

 

 

反対に会社(法人)設立する場合デメリット

 

 

・費用や時間がかかる。
 定款(会社の根本原則)作成、許認可が必要な商売をする場合(不動産売買をする場合には
 宅建業許可等)、設立登記(司法書士が法務局に申請します)、銀行口座の開設等の手続、
 これらに付随して、会社の印鑑を作成したり、定款の認証費用、登記の登録免許税等が掛かります。

 

 

・赤字でも税金がかかる。
 法人に掛かる「法人住民税」は赤字でも支払わなければなりません。

 

 

・社会保険に加入しなければならない。
 社長一人だけの会社でも社会保険料を支払わなければなりません。

2、個人事業主で商売する場合メリット

 

・事業を始めるときの手続きが簡単税務署や市町村へ
 開業届を出せばすぐに商売が始められます。

 

 

・税務申告が簡単
「白色申告」や「青色申告」で税務申告をする(市販のパソコンソフトを使えば
 比較的容易に申告書を作成することが出来ます)。

 

 

・所得が少ないうちは個人事業主の方が税金が安い。
 個人事業主に掛かる所得税は利益が出るほど、税率が上がります。

 

 

反対に個人事業主で商売する場合デメリットは

 

・社会的信用度が低い。
 会社によっては法人でない個人事業主との取引はしない事もあります。

 

 

・人材の確保が困難となる可能性
 仕事を探している人からすれば、会社(法人)の方が
 安定している(継続的に雇用される)ように思います。

 

・利益が大きいとガッツリ税金を取られる。

ご依頼までの流れ

  • STEP
    ご相談

    弊事務所のお問合せフォーム又はお電話(047-401-6880)へ

    ご連絡をお待ちしております。 ※ご相談は無料です。

  • STEP
    お見積りの提示

    ご相談内容から料金のご提示をさせていただきます。

    (サービス内容や料金にご納得いただけない場合はお見積りの提示までで終了となり、

    費用が発生する事はございません。)

    ※基本的には弊所の報酬額表の金額となります。

  • STEP
    ご依頼

    弊事務所より提示した料金にご納得された場合は、ご依頼いただき、

    速やかに会社設立に向けて書類を準備します。

    ※この段階で公証人の費用や定款の認証料等、必要な費用を

    お預かりさせていただきます。

  • STEP
    お客様とのミーティング

    お役様とのミーティングをしながら、お考えになっている事業内容、それに伴う許認可等の必要性を検討しながら、

    定款案(会社の根本原則 ※会社の憲法のようなもの)を作成していきます。

    ※一部の証明書を取得する際にご依頼者様から委任状をいただきます。

  • STEP
    定款の認証

    公証役場にて定款の認証を行います。

    定款の認証後に発起人による株式の引受け、払込みを行います。

  • STEP
    司法書士による設立登記申請

    提携させていただいている司法書士に

    設立登記をお願いします。

まとめ

この様に商売を始めるのに法人にするのか?個人事業主にするのか?
それぞれ、メリット・デメリットがあります。

 

ある程度の利益が見込める場合や大きな投資が必要(資金を借入して設備投資が必要等)
な場合、人材確保が必要な場合等は会社(法人)を設立した方が良いかもしれません。

 

 

会社(法人)設立の場合は予定している事業内容や将来のビジョンを熱く語っていただき、
定款作成や認証手続き、また、あなたの事業が成功するための戦略等を一緒に考え、
作っていきましょう。

 

 

まずは当事務所にお問い合わせいただき「あなたの立場に立った」定款案を作成し,
一緒」に会社の将来について語りましょう。

 

末永くあなたの事業をサポート致します。

 

 

 

【対応地域】
船橋市、習志野市、鎌ヶ谷市、八千代市、市川市、浦安市、松戸市、柏市、白井市、流山市、印西市、千葉市、四街道市、酒々井町、
佐倉市、成田市、富里市、八街市及び千葉県全域

金子行政書士事務所(代表 金子秀之)
千葉県船橋市南三咲1−34−1
TEL・FAX 047(401)6880 (受付 月〜金曜日 8:30〜18時 土曜日 9時〜13時)

 

休業日 日・祝(事前にご連絡いただければ対応可能です。)
代表者ご挨拶

 

 

(24時間)